津和野町お得意様W様 にお伺いいたしました。

ボイラー点検中に水漏れを発見修理をしてほしいとのことでした。

W様は大型のボイラーが設置したあるため、配管も大きくなり鋼管を使用してあります。

この度、水漏れが発ししましたのは、給湯配管系統一般家庭の給湯配管とは違い

配管距離が長いので、お湯をボイラーで沸かし循環してまた沸かすというような方式が

とってあります。ボイラー付近の配管になるためかなりの高温になるため

汗だくで交換してまいりました。配管はすべてユニオン継手を使用してありましたので、

寸法を当たり 同じものを作り外して取り換えしました。熱で継手が膨張しているため

なかなか解けず苦労しましたが何とかつけ終わりました。末端部分にはバルブを取り付け

配管のエアだまりができやすいため できるだけエア抜きを早くするためのものです。

またよろしくお願いします。